メイン画像

賃貸マンションは賃貸借の契約に基づき

賃貸マンションは賃貸借の契約に基づき、支払い諸費用を支払いするマンションのことをいいます。家族が居住することを想定して建設されておりますので、通学経路や買い物で考慮されているのがほとんどです。ご結婚後最初のお子さんがお一人のご家庭でも、近隣住民が同い年ぐらいのご家族だと、不安感も落ち着く可能性もあります。ご両親にとっても、お子様が適正な立地条件で設備がしっかりした地域のマンションに引っ越すことで安心を感じられるのではないでしょうか?


引越が決まった時、公的な手続きなどを早く実行する必要があります。一番にしなければいけないのは転出するための届です。そのあと、新しい入居先のある市役所等で転入する際の届を出しましょう。後々手続きの時必要な時があるため、住民票を何枚かとっておくといいでしょう。免許証にある住所の変更を早めに終わらせておくと、氏名・住所などの提出を求められる時に役に立ちます。社会保険や生命保険に加入している際は、それも住所の変更を忘れないよう注意しなければなりません。最初にノートに重要な手続きを書いておいて、後になって慌てないようにしましょうね。

賃貸マンションに入居する時に、入居前にクリアにする必要があるポイントがあります。犬などを飼養している場合はその物件がペット可なのか聞いておく必要があります。小型犬はOK等の指定がある事が多いですので、その点もチェックが必要です。また部屋によっては小さい子供は禁止なんてところもありますから、近い将来子供を考えているといった人はその様な物件を避けるべきでしょう。折角始まる新しい生活で、近辺の住民やオーナーと良い関係を築いていくために、重要事項の確認などは怠らない様に注意していきましょう。